12月の勉強で強メンタルを手に入れよう【医療系国試】

国試勉強法

医療系国家試験の解説サイト

国試かけこみ寺です!!

 

12月は言うまでもなく、国家試験合格の鍵となる

非常に非常に重要な月です!

 

後悔しない12月の過ごし方について

マインド面でのアドバイスを書いていますので

これからの勉強のお役に立てれば幸いです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

とにかく手を動かさなければいけません

好きな分野から勉強を始めれば良い

ヘッドホンをして勉強をする人のイラスト(男性)

 

ほとんどの医療系国家試験は2月中旬から3月にかけて行われます

 

 

12月から数えると、2ヶ月と20日くらいあるように見えますが

 

 

実際には、年末年始があることを忘れてはいけません

 

 

 

年末年始には魔物が潜んでいます

 

 

勉強史上

最強の誘惑があなたを襲います

 

 

もちろん

 

年末年始、休まず勉強し続ける必要はありません

 

休息無しで勉強を続けることは不可能です

 

 

 

 

でもですよ!

 

 

12月にあまり勉強のできなかった人が

 

年末年始の誘惑に負けてしまうと

 

 

合格が離れてしまう

 

そう考えるべきでしょう

 

 

とにかく手を動かしてください!!

 

 

国家試験の過去問を解きましょう!!

 

好きな分野から始めればいいんです

 

 

医療系の勉強をしてて

おもしろいな~!って分野はありますよね

 

 

その分野の過去問からでいいので必ず解きましょう

 

そして当ブログでいつも言っているように

 

選択肢の誤りを訂正して

新しい知識を書き込んでいく

 

 

やった人から必ず結果は出ます

 

 

頭ではわかっているけど…

勉強のイラスト「テスト勉強・男の子」

勉強から目を背けてはいけません

 

 

皆さんが目指す医療系のライセンスは

 

一生食っていける免許なんです

 

 

国家試験に落ちて再受験した人の合格率が

いっきに下がることは学校からも聞いているでしょう

 

 

 

一発で受かりましょう

 

 

 

そのために12月の勉強量は最重要です

 

※ 2回目以降の国試の方に向けて

2回目以降の国家試験合格率が低いのは事実ですが

著者は集中して勉強して合格している人を実際に見ています

  

2回目以降の人は1回目の人にはない経験があるわけですから

それを活かしてしっかり知識をつけていきましょう

資格をとってしまえば2回目、3回目の受験だとしても

働くときは現役と変わりません

 

 

目安は過去問 10~15問/h

目安としては

1時間で10~15問の問題に取り組むことを目標にしましょう

 

 

問題を解いて終わりではありません

 

 

 

問題を訂正し、書き込んでいく

 

12月ともなれば問題集に直接書き込んでいってもいいでしょう

 

問題集をきれいに使う必要はありません

 

 

このペースであれば1日6時間(午前2時間、午後4時間)勉強したとして

 

1日約100問近くを解くことができます

 

 

これを毎日続ければ年末まで3000問を解くことも可能

 

 

これだけの問題数が解ければ大したものです

 

年明けから余裕をもって勉強に臨めますね

 

12月の勉強量が

年明けのからのメンタルの強さに直結します

 

 

 

年が明ける前に、2000~3000問 過去問を解いている

(いわゆる国試10年分というやつです)

 

すごく自分に自信が持てるようになりませんか?

 

 

 

本当にすごいことですよ

 

あとは実際に手を動かしてやるだけです

 

積み重ねていきましょう

 

※ ただし、目標達成できなかった自分を責めることはしないでください

 

 

以下に参考になりそうな記事を貼りますので

 

勉強するきっかけにしてみてください

 

国試合格を目指す皆さんを応援しています!

 

 

 

↓当サイトで特に人気の高い記事です!参考になれば幸いです!

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました