閉塞性? 拘束性? 国試で出る肺疾患【国試問題あり】

呼吸

今回は肺疾患についてです!

肺機能検査のお話が出てきますので

読んでない方はこちらを先に見ておくとよいでしょう

 

スポンサーリンク

閉塞性と拘束性の違いを一発で見分ける

見分け方は簡単です!

 

  • 閉塞性:気道・気管支に原因疾患がある

  

  • 拘束性そのものに原因疾患がある

 

 

疾患で代表的なものとしては

 

  • 閉塞性:COPD、気管支喘息、気管支炎

  

  • 拘束性間質性肺炎、肺線維症

 ※拘束性の肺疾患は簡単にいうと、肺が固くなる状態

 

  

呼吸機能検査による違い

 

  • 閉塞性:1秒率が70%未満

1秒率は1秒で肺活量の何%の空気を吐く力があるかということ

気道が塞がれていると、勢いよく空気を出せないため低くなる

  

  • 拘束性%肺活量が80%未満

※ %肺活量(パーセントはいかつりょう)とは

身長体重などから計算上の肺活量の何%かということ

健常者は80%以上となる

%肺活量を調べるために、患者さんには最大の呼吸を頑張ってもらう必要がある

拘束性肺疾患では肺が固くなり、本来入るはずの空気量が入らなくなる

 

 

1秒率 70%未満 かつ %肺活量80% 未満の場合

混合性換気障害といいます

※進行した肺気腫などがこれにあたり、長期の喫煙でリスクが高まります

 

 

 

閉塞性肺疾患:COPDとは?

Chronic Obstructive Pulmonary Disease

日本語では慢性閉塞性肺疾患といいます

 

 

Chronic慢性

この単語は病気でよく出てくるので覚えておきましょう

 

 

原因のほとんどがタバコの煙です

喫煙者のリスクは非常に高いことを覚えておきましょう

 

そしてCOPDの恐ろしいのは

進行性であり、不(非)可逆性であるということです

 

これはすなわち、

症状は原因を取り除かない限り進行し

元の肺には戻らない

ということです

 

喫煙者であれば禁煙をし、

これ以上の悪化を防ぐ(ただし肺組織は元通りにはならない)

ということになります

 

 

例えば、気管支喘息などは可逆性です

薬で炎症を抑えてあげれば症状は回復しますし

改善し完治する可能性は十分にあります

 

 

間質性肺炎の原因とは

間質性肺炎は肺胞の壁が厚くなって変形したり

肺の線維化が進んで、固くなり弾力が失われるため

本来の肺よりも空気が入らなくなり、%肺活量が低下します

 

原因がわからないものもありますが、

二次性に起こるものとして、

自己免疫疾患があります

(関節リウマチ、強皮症、シェーグレン症候群など)

 

 

 

 

 

 

 それでは国家試験の問題を見ていきましょう

 

 

慢性閉塞性肺疾患について正しいのはどれか【看護】

1. 残気量は減少する。

2. %肺活量の低下が著明である。

3. 可逆性の気流閉塞が特徴である。

4. 肺コンプライアンスは上昇する。

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

選択肢を見ていきましょう

 

1. 残気量は減少増加する。

COPDでは空気を吐ききることが難しくなります

そのため、肺に残る残気量は増える

 

 

2. %肺活量の低下が著明である

%肺活量が低下するのは、拘束性肺疾患です

COPDでは%肺活量は正常範囲内です

COPDでは1秒率が70%未満ですね

 

 

3. 不(非)可逆性の気流閉塞が特徴である。

慢性閉塞性肺疾患は、不可逆性の疾患です

 

気管支喘息などは薬によって可逆的に回復できます

4. 肺コンプライアンスは上昇する。

4が正しい文章になります

肺コンプライアンス=肺のふくらみやすさ

といえます

肺のやわらかさ と言い換えても良いでしょう

 

このことから肺が固くなる、拘束性肺疾患では

肺コンプライアンスは低下する といえます

 

COPDのような閉塞性肺疾患では

拘束性とは逆に、肺コンプライアンスは上昇する

と覚えましょう

 

 

肺気量分画で正しいのはどれか【臨床検査技師】

1.全肺気量は予備吸気量と機能的残気量の和に等しい

2.機能的残気量は一回換気量と残気量の和に等しい

3.慢性閉塞性肺疾患では機能的残気量が増加する

4.気管支喘息では肺活量が増加する

5.肺線維症では残気量が増加する

 

肺気量や残気量など言葉で言われてもわかりにくいですね

こういった問題ではざっくりと図を書いてしまうのが得策です

1.全肺気量は予備吸気量と機能的残気量の和に等しい

2.機能的残気量は一回換気量と残気量の和に等しい

どちらも誤りであることがわかります

この図は必ず自分で書いて覚えましょう

ゴロ合わせもそうですが

基本的に書かれているものを眺めているだけでは頭に入りません

 

本気で覚えようとするのであれば必ず一度は書きましょう

 

 

  

3.慢性閉塞性肺疾患では機能的残気量が増加する

正しい文章です

COPDでは肺コンプライアンスは上昇する、と先程の問題にありました

肺コンプライアンス=肺のやわらかさ

COPDでは肺の残気量自体は少し増えますので

機能的残気量も増えるといえます

 

 

 

4.気管支喘息では肺活量が増加低下する

喘息で肺活量が増加する、というのはそもそもおかしな話ですね

気管支喘息は程度にもよりますが、肺活量も正常よりは低下します

 

 

5.肺線維症では残気量が増加低下する

肺線維症は、肺が固くなる病気でした

こうなると肺は上手く膨らみませんから

残気量は低下します

 

 

 

この問題は、1,2,4,5の選択肢がわかりやすいため

消去法で3番を選ぶというのも一つの手です

 

 

 

 

【文章題 臨床検査技師 国試】

64歳の男性。進行性の労作時息切れを訴えている。喫煙歴40本/日、40年。スパイロメトリーで%肺活量(%VC)81%、1秒率59%であった。考えられるのはどれか。

  1. 慢性肺血栓塞栓症
  2. 肺線維症
  3. 過換気症候群
  4. 慢性閉塞性肺疾患
  5. 肺結核

 

 

 

 

 

 

 

 

これはノータイムで4番を選べる問題ですね!

かなりの長期喫煙者で、このままでは%肺活量も低下し

混合性換気障害になりそうな事例ですね

 

 

 

 

意外と出てくる呼吸器系疾患の問題でした!

 

肺気量分画の図は書けるようにしましょう!

ではでは!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました