ゴロ合わせは必ず自分で書きましょう【国家試験対策】

ゴロ合わせ

ゴロ合わせは国家試験に限らず

受験においては一つのテクニックです

 

 

使いこなすことができれば

非常に強い味方になります

 

 

 

ただし!

 

 

ゴロ合わせと言えど

  • 単純に眺めてるだけ…
  • なんとなくうろ覚え…

このような状態では

勘違いによって1点を落としてしまう

 

そんなこともありえます

 

 

ということで今回は

 

ゴロ合わせを使う受験生必見の心構え

 

ゴロ合わせを点数に繋げるための重要ポイント3つを解説していきます!!

 

 

「時間を忘れて作業ができるコワーキングスペース」の写真

 

 

スポンサーリンク

①本当にゴロが必要な知識か判断しよう

当たり前ですが、何でもゴロで覚えるのはよくありません

 

ゴロで覚えるのに最も適した問題は

 

単純に覚えていれば選べる問題です

 

例えば

 

・内胚葉/外胚葉/中胚葉由来の組織はどれか?

・必須アミノ酸はどれか?

・ビタミンと欠乏症で正しいのはどれか?

・下垂体後葉から分泌されるホルモンはどれか?

 

 

これらは、ゴロ合わせで思い出しさえすれば

直接答えにたどり着ける問題です

 

 

このような問題は覚え得です

 

出れば1点ゲット

 

各分野にこのような問題はあるはずなので

 

ゴロを覚える価値は非常に高いと言えます

 

また、直接答えにたどり着けなくとも

 

誤った選択肢を消すのに役立ったりすることは十分あります

 

 

国家試験は、この問題がきたらこれだ!

というパターン系の問題もありますので、

ゴロに限らず覚え得なものは多いです

 

 

これらの知識を活かすためには

過去問を解くことが必須事項です

 

そんな時間はもうない….

という方は、当ブログでもいくつか

使いやすいゴロ合わせは用意してあるので

 

検索窓から「ゴロ」で検索してご覧いただければと思います

 

 

  

②自分に合っていると思ったゴロを使おう

ゴロ合わせと相性 のお話になります

 

ゴロ合わせというのは

やはり無理やり作った言葉も多いです

 

そうなってくると

人間は好みに合わない言葉は頭に中々入りません

 

まずは眺めて、口に出して、これはいけるな

という感触を確かめましょう

 

一番いいのは自分でしっくりくるものを作ることですが

なかなか難しいですね

 

身内系(友人のあだ名や、先生の名前などを入れるパターン)

のゴロは、身内の中でしか使えませんが

イメージしやすく、頭に入りやすいというメリットもあります

 

 

 

あとは下ネタ系ですね

 

このサイトで紹介することはありませんが

 

頭に入りやすい人とそうでない人が当然いるでしょう

 

 

ともあれ、有用なゴロは覚え得です

 

なかなか頭に入らなくても

有用なゴロは頑張って覚える価値はあるはずです

 

 

「鉛筆立てとノート」の写真

 

③ゴロは必ず書いて覚えよう【超重要】

最後に、最も重要なポイント

 

ゴロを実際に覚える時です 

 

  • 必ず書き出すこと

 

 

  • その後できれば口に出すこと

 

 

 

 

サイトや、本に載ってるゴロを眺めるだけはダメです

 

  

 

書き出すというのは

 

まずゴロそのものを書く

 

例:

 

 

ゴロの表す正式名称を書く

 

 

ゴロを使いこなすには

この作業は必須です

 

 

できれば3日間、これを繰り返すこと

定着率が格段にアップします

 

これを口に出して読めば更に定着率アップです

(あまり声を出せない場にいる人は書き出すだけでもOK)

 

 

まとめ

  1. 覚え得なゴロを優先しよう
  2. 自分の感性に合うゴロを覚えよう
  3. ゴロを書き出して、口に出そう

 

 

 

ゴロ合わせは非常にコスパの良い勉強法です

 

ただし、実践で使わなければ身になりません

 

 

すなわち、国家試験の過去問を解くことです

 

ゴロ合わせで満足してしまわないように気をつけましょう

 

 

以上、ゴロ合わせを覚える時のポイント3つでした

 

少しでも点数アップに繋がれば幸いです!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました