内分泌と外分泌の違いとは【医学基礎Ns/PT/MT】

ホルモン
スポンサーリンク

内分泌と外分泌の違い

結論:内分泌=ホルモン、外分泌液=消化液、涙、汗

いきなり結論を書いてしまいましたが

内分泌=ホルモン の記事に入る前に

 

内分泌と外分泌の違いについて知っておいてほしいと思います

 

 

  

 

食べ物が通る部分は、身体の外である

突然ですが

 

胃液は内分泌でしょうか?

それとも外分泌?

 

 

  

 

 

 

 

結論からいうと、胃液やその他全ての消化液は外分泌になります

このイラストを見てください

人間は口から肛門まで

空洞になっているのです

  

  

 

 

まるで、ちくわのようですね!

ちくわのイラスト

 

ちくわの穴の中は外側から繋がっています

 

 

外の空気に触れているとも言えますね

 

 

すなわち、

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は body_syokudou_i_chou.png です
胃や腸は身体の外側から連続して繋がっている

このように外から連続して繋がっている部分は

外とみなします

  

 

 

つまり、

唾液、胃液など、消化液は全て外分泌になるわけですね

 

当然ながら、涙、汗も外分泌です

 

 

 

 

  

 

 

内分泌=ホルモン:血中に放出する

 さて、本題に入ります

 

 

本ブログでは内分泌=ホルモンの記事を

増やしていきたいと思っています

 

 

 

というのも、ホルモンは非常~~~に狙われやすい

からです

 

 

 

 

 

ホルモンは内分泌器官から、血中へと内分泌されます

 

そして必要な場所で働く

 

 

ホルモンは様々な器官から出ています

 

 

 

脳(視床下部、下垂体)だったり

 

 

 

胃や

膵臓(インスリンはまさしく膵臓の分泌するホルモンです)

多くの消化器官もホルモンを分泌しています

 

 

 

 

 

 

 

 

外分泌器官はどれか. 2つ選べ【PT・MT・Ns国試例題】

  1. 副腎
  2. 胸腺
  3. 涙腺
  4. 甲状腺
  5. 汗腺

 

 

 

 

 

 

 

答えは、3と5ですね

 

 

この問題は非常にシンプルですね

汗や涙は外分泌です

  

 

  

 

 

 

内分泌器官はどれか.2つ選べ 【PT・MT・Ns国試例題】

  1. 副腎
  2. 乳腺
  3. 涙腺
  4. 甲状腺
  5. 唾液腺

 

 

 

 

 

 

まずは外分泌器官をしっかり見極めていきましょう

 

内分泌は血中に出す

外分泌は外・もしくは消化液

 

 

この観点から行くと、

乳腺・涙腺・唾液腺は外分泌であることがわかりますね

 

 

ということで内分泌器官は

副腎と甲状腺です

 

 

 

丸暗記する必要はないんです

 

内分泌は血中に出すホルモン

外分泌は外・もしくは消化液

 

 

 

この基本法則さえわかっていれば

外分泌と内分泌の基本はOK!!

 

 

 

  

 

 

 

消化器は外分泌だけなのか?

答えはNOです!

 

 

外分泌も内分泌も

両方する消化器はある

 

これが正解です

 

  

 

例えば

 

胃は酸性の胃液を分泌でしたね

そして消化酵素として持っているのはペプシンでした

(↓こちらの記事でチェックできます)

 

胃はガストリンというホルモンも分泌しています

これは胃液の分泌を促進するホルモンです

 

 

 

 

膵臓はどうでしょうか

 

膵液はアルカリ性

消化酵素はトリプシン(タンパク質消化)

と膵臓アミラーゼ

リパーゼ(脂質消化)

でしたね

(↓こちらの記事で詳しくチェックできます)

  

 

膵臓は、膵液を外分泌していますが

インスリンやグルカゴンという

血糖値に関わるホルモンも分泌しているのです

 (↓インスリンが上手く働かないのが糖尿病です、記事はこちら)

 

 

まとめ

  • 内分泌=ホルモン:血中に出す
  • 外分泌=消化液、汗、涙、乳
  • 胃や膵臓は内外どちらも分泌できる
  • ホルモンで覚えるべきは、どの組織で、何が分泌されるか

 

 

 

 

ということでホルモンについての国試攻略記事を

今後増やしていきたいと思います!

 

毎日コツコツ!ではでは!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました