【第66回臨床検査技師国家試験】PM85, 86, 87, 88, 89の問題をわかりやすく解説

MT国家試験

医療系国家試験の解説サイト

国試かけこみ寺です!

令和2年2月19日(水)に実施された

臨床検査技師国家試験問題について

一部の分野をわかりやすく解説していきます!

問題(+別冊)と解答は厚生労働省のHPで公開されています

※以下の問題の出典は全て、厚生労働省のホームページ(https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/topics/tp200414-07.html)で公開している問題を引用しています。

問題に対する解説は国試かけこみ寺のオリジナルとなります。

スポンサーリンク

MT66-PM85 カラム凝集法の結果 別冊No. 13を別に示す。最も考えられるのはどれか。

1.Ax 型
2.汎血球凝集反応
3.不規則抗体保有患者
4.O 型赤血球の異型適合血輸血後
5.直接抗グロブリン試験陽性患者

第66回臨床検査技師国家試験問題 午後 別冊より転載

カラム法による判定についておさらいしましょう

に沈んでいれば陰性(0)に完全に浮いていれば陽性(4+) が基本です

そして、左の色付きの3つの結果がオモテ検査(患者血球+試薬血清)

右がウラ検査です(患者血清+A1血球 or B血球)

図の結果を左から順に判定していくと

A:4+, B:4+, D:4+, Control:0, A1球: 2+, B球: 2+

オモテ検査:AB型, Rh+、ウラ検査:O型

ここで改めて選択肢を見てみましょう

1.Ax 型

Ax型は非常に抗原性の弱いA型血球のことです

あくまでA型なので抗B抗体を持ちます

今回の結果には該当しません


2.汎血球凝集反応

汎血球凝集反応とは、原因は様々ですが

感染症や血液疾患により、赤血球表面に隠れていた抗原が露出し

血清と凝集反応を起こしてしまう現象です

今回の場合、ウラでO型、オモテでは全て凝集しており

可能性としてありえますが、O型にしてはウラ検査の反応が弱いのが気になります

(すみません、ここの解説はあまり自信がありません)

 


3.不規則抗体保有患者

不規則抗体がある場合は、患者の抗体に原因、

すなわち、ウラ検査に影響を及ぼすはずです

このことから

最も考えられるのは不規則抗体です

解答はとなります

 

 
4.O 型赤血球の異型適合血輸血後

O 型赤血球の異型適合血輸血

これはO型でない人に、O型の血球を輸血したという意味です

この場合、ウラ検査に影響がないと考えると

ウラの結果がO型となり矛盾します


5.直接抗グロブリン試験陽性患者

直接クームス試験陽性の意味するところは

生体内で赤血球に何らかの不完全抗体が結合しており

主に溶血性疾患が原因として考えられます

これも今回の結果から可能性としては低いです

 

MT66-PM86 腫瘍マーカーと腫瘍の組合せで誤っているのはどれか。

1.CYFRA ー 肺平上皮癌
2.hCG  ー 絨毛癌
3.NSE  ー 肺小細胞癌
4.PIVKA-Ⅱー肝細胞癌
5.ProGRP ー 膵 癌

 

腫瘍マーカーは覚えるしかないシリーズ…ですね

誤りは5になります

 

proGRP肺小細胞癌での特異性が高いです

1~4の選択肢は正しく、出現頻度の高いものなので

覚えるようにしましょう

 

MT66-PM87 発作性寒冷ヘモグロビン尿症でみられる所見はどれか。

1.Ham 試験陽性
2.補体価CH50高値
3.直接 Coombs 試験陰性
4.P 血液型の P 抗原陽性
5.Donath-Landsteiner 反応陰性

 

発作性寒冷ヘモグロビン尿症(PCH)とは

赤血球に対する冷式の自己抗体ができ、自己免疫性の溶血を引き起こす

この冷式の自己抗体がドナート・ランドシュタイナー抗体D-L抗体)です

低温から37℃に戻すと、自己抗体が補体を活性化して溶血します

またD-L抗体P抗原に対して反応します

P抗原とはP血液型の抗原で、ヒトパルボウイルスB19の受容体です

 

さて、以上のことから選択肢を見ていきましょう

 

1.Ham 試験陽性 ✕

Ham試験は発作性夜間ヘモグロビン尿症の試験です


2.補体価CH50高値 ✕

PCHで補体は溶血反応で消費されるため低下します


3.直接 Coombs 試験陰性 ✕

直接クームス試験は、体内で赤血球に何らかの抗体が感作しているかを調べる試験です

PCHではまさに、低温でD-L抗体が赤血球に感作するわけですから

クームス試験は陽性になります

 

4.P 血液型の P 抗原陽性 ○

P抗原とはP血液型の抗原で、ヒトパルボウイルスB19の受容体です

D-L抗体は抗Pの反応性を持つため4が正解となります

 


5.Donath-Landsteiner 反応陰性 ✕

D-L反応はまさにD-L抗体を検出する方法ですので

抗体を持っていれば陽性となります

 

以下の記事で発作性寒冷/夜間ヘモグロビン 尿症について詳しく解説しています!

 

MT66-PM88 モノクローナル抗体について正しいのはどれか。

1.沈降反応に適している。
2.IgM クラスの抗体は作製できない。
3.リンパ球サブセットの解析に用いる。
4.複数のエピトープに対する抗体である。
5.B リンパ球と T リンパ球のハイブリドーマから作製する。

 

モノクローナル抗体とは

単一のエピトープ(抗体が結合する部位)に対する抗体

つまり、結合部位が基本的に1か所しかないので特異性が高い

B細胞と骨髄腫細胞(=形質細胞腫)を融合させたハイブリドーマから、人工的に作られる

 

対して、自然に作られる抗体はポリクローナル抗体である

(エピトープを複数持つ、細菌などにより抗体を結合しやすくするため)

 

これらを踏まえて選択肢を見てみましょう

 

1.沈降反応に適している。✕

沈降反応は目的のタンパク質などに抗体を結合させ

沈降したところを回収するタンパク質の精製法です

結合部位の多い、ポリクローナル抗体が適しています

 


2.IgM クラスの抗体は作製できない。✕

IgGが多いですが、IgM型のモノクローナル抗体を作ることも可能です


3.リンパ球サブセットの解析に用いる。○

リンパ球サブセットとは、リンパ球の分類のことですね

大きくはT細胞とB細胞の分類、さらにT細胞の中には

CD4+のヘルパーT、CD8+のキラーTなどに分けられます

これを行う手法がフローサイトメトリーです

 

例えば、これを行うには目的のCD4やCD8に

特異的なモノクローナル抗体を用いる必要があります

 


4.複数のエピトープに対する抗体である。✕

これはポリクローナル抗体の説明です


5.B リンパ球と T リンパ球のハイブリドーマから作製する。✕

モノクローナル抗体の作製は、

B細胞骨髄腫細胞(=形質細胞腫)を融合させたハイブリドーマを用います

これは、B細胞の抗体産生能力に、骨髄腫の増殖能を兼ね備えた細胞です

目的の抗体を産生するハイブリドーマのクローンを増やして

モノクローナル抗体を増産します

 

MT66-PM89 抗 HLA 抗体が原因となるのはどれか。2つ選べ。

1.輸血後 GVHD
2.血小板輸血不応
3.遅発性溶血性輸血副作用
4.臓器移植後の急性拒絶反応
5.輸血関連循環過負荷(TACO)

 

抗HLA抗体とは

移植・輸血・妊娠などで非自己のHLA抗原に感作してできる抗体です

HLA抗原(クラスⅠ)はほぼ全身の有核細胞表面に存在します

有核なので、赤血球にはない。ただし、血小板には存在する

 

これを踏まえて選択肢を見ていきましょう

 

1.輸血後 GVHD ✕

GVHD;graft versus host diseaseとは

移植片 対 宿主 病つまり、移植片(ドナー組織) が 患者を攻撃する病気です

いわゆる移植拒絶反応とは逆の反応です(移植拒絶は患者の免疫が移植片を攻撃する)

輸血後GVHDでは患者の持っているHLA抗体は関係なく、

ドナーのリンパ球による免疫反応と考えられます

 


2.血小板輸血不応 ○

抗HLA抗体を原因とする輸血不応で最も考えやすいのは

血小板輸血です

抗HLA抗体を持っている患者に、他者の血小板が輸血され

血小板にはHLA抗原が発現していますから

これを攻撃してしまうことになります

 


3.遅発性溶血性輸血副作用 ✕

遅発性溶血性副作用は、輸血や妊娠によってできた

赤血球に対するIgGを原因とし、二度目以降の輸血などで

できたIgGの抗体価が上昇し時間差で溶血を引き起こします

 

問題の答えとしては抗HLA抗体は関与していないので✕です

 


4.臓器移植後の急性拒絶反応 ○

これは、患者の免疫が移植片(ドナー組織)を攻撃して起こります

原因として患者T細胞が移植片のHLA抗原を攻撃すると考えられます

もう一つ、可能性として

患者の持つ抗HLA抗体が、移植片を攻撃することも考えられるため

問題の答えとしては○になります

 


5.輸血関連循環過負荷(TACO) ✕

TACOとは輸血中~輸血後6時間以内に発症する

急性の呼吸困難を伴う合併症です

原因は、輸血による循環血液量の増加による過負荷

体液量が急激に増え、心肺に負担がかかり起こる症状です

 

 

第66回の国試解説はひとまずここまでとなります!

絶対合格目指して、まだまだ頑張りましょう!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました