国試合格のためのメンタル管理と失点をしないためのコツ

国試勉強法

本日の記事では

筆者の主張が2つ含まれます

 

  • 模試の結果に一喜一憂する必要はない!
  • 模試や過去問を解く段階から書き込みを怠らない!

 

 

 

本日はこの2つをお話したいと思います

 

 

スポンサーリンク

模試は作成業者によって難易度が異なる

医療系の国家試験勉強に模試は付き物ですね

 

12月~年明け2月くらいまでに

何度も模試を受けさせる学校も多いです

 

 

 

一つ覚えていてほしいのは

模試の内容は作っている業者によって

難易度が違う ということです

 

 

時には、

一癖も二癖もあるような問題が出ることもあります

 

国家試験の模試を作るわけですから

 

内容が簡単すぎては

 

本番でこんな簡単な問題ないじゃないか!

 

 

という文句を言われかねません

 

 

 

そのため、何割かは

  • 新傾向の問題
  • 最新の知見を取り入れた問題
  • 多方面からの知識が必要な問題

 

難易度の高い問題がでるものです

 

 

さらにもう一つ

年が明けてからの模試にはもう一つ

意図している事があると考えます

(※筆者は模試作成業者ではありませんので、

あくまで想像ですが…)

  

  

 

  

 

それは、皆さんが模試で

 

いい点数をとって、

 

もう大丈夫だな~と油断しないようにする!

「「目指せナンバー1」をする塾の講師」の写真[モデル:大川竜弥]

 

という役割です

(あくまで想像ですが)

 

 

 

油断は最大の敵である

油断大敵とはよく言いますが

 

本当にその通りだと思います

 

 

では、油断とは具体的にどういうことでしょうか?

 

 

 

筆者も、国家試験を受ける皆さんが油断してるとは決して思いません

 

 

おそらく誰もが一生懸命取り組んでいるはずです

 

 

 

では油断とはなんなのか?

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

国家試験の模試や、過去問を解く時に

 

問題に、

チェックや書き込み

メモをしっかり行っているかどうか

 

 

「翻訳中のメモとペン」の写真

 

これをやっていなければ油断に繋がる

 

と筆者は考えています

 

 

 

例えば、

 

 

  • ○○はどれか。2つ選べ
  • 誤っているのはどれか

 

 

このような選択肢で、

  • 1つしか選ばなかった
  • 勘違いして正しいものを選んだ

 

このような経験がありませんか?

 

 

これこそが油断から起きる

とても残念な失点です

 

 

筆者にも経験があるからこそ言えますが

 

 

模試や過去問をひたすら解いていると

 

 

見慣れた問題や選択肢が出てきて

 

つい反射的に答えを選んでしまいます

 

 

もちろんこれは素晴らしいことです

 

 

しかし、本番では一度踏みとどまって

答えを選んでからもう一度考えてみて下さい

 

 

面倒くさくても

 

「2つ選べ」、「誤っている・正しい」に

線を引く

○をつける

 

これはやるべきでしょう

 

 

 

 

 

練習でできないことは本番でもできません

 

 

 

模試や過去問を解くときでもこれはやるべきということですね

 

 

 

  • 問題文に線を引く、○をつける
  • 関連するキーワードのゴロをスペースに書く
  • 関連する知識を忘れないうちにスペースに書く

 

これらを問題を解く時にルーチン化する

 

本番でも同じ動きで解いていく

 

 

 

これが油断を最小限に抑えるということだと

筆者は考えます

 

 

 

はっきり言いますが

 

模試や過去問を解くだけの段階でこれをやるのは

 

 

めんどくさいです…..

が、しかし!

 

 

本当にこれはやってほしい

 

やるべきだと思います

 

 

 

絶対にミスや失点を少なくできます

 

 

まとめ

模試の結果に一喜一憂する必要はない

  • 業者の模試は難易度の高い問題の割合が多め
  • 定番問題は必ずあるので、そこを落としてはいけない

 

 

 

そのためには….

模試や過去問を解く段階から書き込みを怠らない!

  • 問題文に線を引く、○をつける
  • 関連するキーワードのゴロをスペースに書く
  • 関連する知識を忘れないうちにスペースに書く

この3つを模試の段階から行い

国家試験本番までにルーチン化する!!

 

 

 

 

是非やりましょう

 

間違いなく失点は減ります

 

一人でも多くの人が国家試験に合格できるよう

 

自分の経験から役立つアドバイスや

わかりやすい解説記事を今後も増やしていきたいと思います!

 

 

 

↓こちらについても合わせて読んでみてください

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました