【血液pHから始まる】電解質・血ガス 基準値のざっくりとした覚え方【国試対応】

MT国家試験

臨床検査技師・看護師を目指す学生さん

血液データの基準値を覚えなさい

と言われても、なかなかすぐ覚えられませんよね

 

「全然わからないと困惑した表情のOL」の写真[モデル:Lala]

こういった基準値というのは臨床現場でがっつり働いて

データに対する馴れが最も重要ですので

すぐに覚えられなくても過度な心配はいりません

 

しかし、国家試験レベルでは必要な知識ですから

ある程度、問題を解くにあたって困らない程度

ざっくりとした覚え方を紹介します!

 

それは血液pHから連動させていく方法です!!

 

※今回の数値はあくまで国家試験攻略用のざっくりとした覚え方であることにご注意ください

 

スポンサーリンク

pH: 基準値7.35~7.45

これが基本になりますので、この血液pHの基準だけは

自力で絶対に覚えてください

血液pHは非常に厳密に保たれており

7.35を下回るとアシドーシス

7.45を上回るとアルカローシスと言われます

 

PaCO2: 基準値35~45 Torr

二酸化炭素分圧、PaCO2ですが

pHの小数点以下の数字

35~45 これで覚えてしまうとかなり楽になりますよ!

主に呼吸性のpH変化に関わってきます

PaCO2が低ければ、過呼吸(呼吸性アルカローシス)

高ければ、換気不足(呼吸性アシドーシス)と言えます

PaO2:基準値100 Torr

酸素ガス分圧ですが基本は100と覚えてしまってOKです

ちなみに1Torr = 1mmHg です

 

実際には老人では80程度に落ちます

 

国家試験レベルでは、

60Torr以下=100の半分近くにもなると

かなりヤバい状態、とイメージできればよいです

(呼吸困難などが考えられます)

HCO3- :基準値22~26 mmol/L

重炭酸イオンですね

重炭酸は下がるとアシドーシス

上がるとアルカローシス

これらの判断をするために非常に重要です

 

肝心の基準値ですが、実はこれだけは

pH からは繋がりにくいですね

ということで重炭酸イオンHCO3-も自力で覚えましょう

24±2 で覚えるとよいでしょう

Na+ :基準値135~145 mmol/L

これもpHと連動して

35~45に100を足して、135~145と覚えればOK!!

 

出現頻度が高いので過去問を解くうちに

嫌でも覚えられるようになりますよ

K+ :基準値3.5~5.0 mmol/L

これもpHと連動させて、35~45

小数点を入れて、3.5~4.5くらい

一応5.0 までは基準範囲内ですが、問題を解く時には

この覚え方でも問題ないでしょう

 

ちなみに、5.5を越えてくると高K血症になり

心電図ではテント状T波などが出現します

 

高Kの病態としては、腎不全(K排泄低下)

副腎皮質機能低下症(アルドステロン分泌低下)などがありますね

 

Cl- :基準値100 mmol/Lくらい

クロールもシンプルに、100でOK!

正確には98~108程度です

 

 

まとめ

血液pHの7.35~7.45を覚えてしまえば

PaCO2:35~45

Na:135~145

K:3.5~4.5

となるため、連動させやすいです

 

PaO2とCl(クロール)は100という

キリのいい数字で覚えてしまいましょう

 

唯一、HCO3-(重炭酸)は24±2

pHと連動させるのは難しいため、これも自力で覚えましょう!!

 

少しでも覚える際の足掛けにしてもらえれば幸いです!

 

以下に、これらの数字を使う問題のリンクを貼っておきますので

良ければご覧ください!

問題を解く際に基準値を書く癖をつけて、慣れていきましょう!

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました