【ゴロで覚える】コレステロールの生合成・コレステロールから作られるもの【臨床検査技師 国試】

ゴロ合わせ
スポンサーリンク

コレステロールの生合成

  

あ!Hなメスラッコ

手をつないで寝るラッコのイラスト
いらすとは健全なラッコです

 

あ:アセチルCoA(+アセトアセチルCoA)

Hな:HMG-CoA

メ:メバロン酸

ス:スクアレン

ラ:ラノステロール

コ:コレステロール

 

 

コレステロールはステロイド骨格という重要な構造を持っています

  

 

 

 

コレステロールから作られるもの

  • 細胞膜
  • ビタミンD
  • 胆汁酸
  • ステロイドホルモン

 

コレステロールは余分なものと思われがちですが

体内で必須の脂質です

 

コレステロールが合成され、そこから作り出されるもの

必ずチェックして覚えておきましょう

 

 

 

ステロイドホルモンの覚え方

コレステロールから作られる重要な生体分子に

ステロイドホルモンがあります 

 

  • ○○オール
  • ステロ
  • 〇〇ゲン

  

キーワードはこの3つです

 

↓こちらの記事で詳細を解説しています! 

 

 

胆汁の役割

胆汁酸を主成分とする、胆汁は

消化を助ける重要な役割を持っています

(※ただし、消化酵素は入っていない)

 

↓胆汁についてもこちらで詳しく解説しています

 

 

 

 

  

 

コレステロールから生合成されないのはどれか【臨床検査技師 国試】

1.胆汁酸
2.ビタミンD
3.アドレナリン
4.アルドステロン
5.エストラジオール

 

 

 

 

コレステロールから作られるもの

  • 細胞膜
  • ビタミンD
  • 胆汁酸
  • ステロイドホルモン

 

アルドステロン・エストラジオール

この2つはステロイドホルモンです

 

 

 

ちなみにアドレナリンはチロシンというアミノ酸から作られます

 

 

 

 

コレステロールの合成について誤っているのはどれか【臨床検査技師 国試改変】

  1. アセチルCoAから合成される
  2. 主な合成過程はアセチルCoA→メバロン酸→スクアレン→コレステロールである
  3. 合成部位は細胞内のミトコンドリアである
  4. ステロイドホルモンの前駆物質である

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1.アセチルCoAから合成される

2.主な合成過程はアセチルCoA→メバロン酸→スクアレン→コレステロールである

 

1と2は正しいですね

、Hなメスラッ

 

ゴロ合わせから中間物質を探しましょう

 

 

3.部位は細胞内のミトコンドリアである

これは誤りになります

コレステロールの合成は

肝臓のミクロソームというところになりますが

特に覚える必要はありません

主に肝臓で作っている、という部分がむしろ大事です

  

 

 

4.ステロイドホルモンの前駆物質である

正しいですね

コレステロールはステロイドホルモンの材料

 

ステロイドホルモンは

  • ○○オール
  • ステロ
  • 〇〇ゲン

 

 

 

 

今回は以上になります!

ではでは!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました