春夏休み・休校中にやるべき国試勉強法 3ステップ

国試勉強法

医療系資格を目指す学生の手助けサイト

国試かけこみ寺です!

 

  

2020年初春は新型コロナウイルスの影響によって

休校など学校で勉強する機会が減ってしまっていました

 

 

国家試験取得を目指す学生さんにとっては

出鼻を挫かれた気分ですよね

 

 

 

 

  

でもこの状況、実は国家試験勉強の

終盤の状態に近いんです!!

 

 

 

 

国家試験終盤12月~2月

いわゆる追い込み時期

 

自分一人の力でひたすらに国試勉強を続けなければいけません

 

 

その時に、自分の勉強法を確立していなければ

効率が落ち、集中力もすぐなくなってしまいます

 

 

 

  

集中力が無くなる理由は

 

 

期待して購入した本にがっかりする美女

 

 

自分の勉強法を確立できていないからです

 

 

これをやると決めて、

  あとはそれをやるだけ

 

 

そのような状態で国試勉強の追い込みに入ることが

極めて重要です

 

今回の記事ではその 3STEP 具体的に解説していきます!!

  

 

 

スポンサーリンク

国試勉強の 3STEP を確立しよう

 

「キャットステップを登る猫」の写真

 

STEP1:国試の過去問を解く

 

 

STEP2:間違った問題をノートにメモ

 

 

STEP3:解説と教科書でキーワードをチェック

ノートに軽くまとめる

 

 

 

この3つのステップを繰り返していくことで

 

復習にも使える、国試勉強ノートが自然と出来上がります

 

 

 

 

 

「めくられるノート」の写真

 

 

以下で具体的な勉強方法を解説します

 

は特に重要なポイントです

 

 

STEP1:国試の過去問を解く

国家試験勉強のスタートは過去問を解くことです

 

 

教科書を読むことでも

ゴロを覚えることでもありません

 

 

過去問を解きましょう

 

学校に通っていれば

必ず過去問題集を買っていると思います

 

 

国試過去問を解く時のポイントは

 

 

 

好きな分野からやれば良い

ということになります

  

 

 

国家試験問題集は大抵の場合

 

分野ごとに分かれていますので

 

 

好きな分野をやりましょう

 

 

第○○回の国家試験問題を解くのは

終盤になってからです

 

 

まずは好きな分野を攻めましょう

 

 

 

さらにもう一つ

具体的なポイントです

 

 

 

★何問解くかを決めてから勉強を開始する

 

 

これは時期によって違うのですが

 

4月~6月くらいの段階では

1日10問でも十分であると考えます

 

 

1日10問でも

100日間で1000問です

 

夏休み前までに過去問を1000問解いた

って言えるのは素晴らしいことですよね

 

 

 

STEP2:間違った問題をノートにメモ

 

「ノートと筆記用具」の写真

 

様式は何でもいいので

ノートを用意しましょう

 

 

STEP1で間違った問題を

ノートに書き写しましょう

 

 

できれば最初は

  • ページ・問題番号
  • 問題文
  • 選択肢

 

全てを書き写したいところです

 

 

ちょっと大変だという人は

 

★ページ・問題番号・選択肢

だけでも書き写しましょう

 

 

 

ここで大事なアドバイス

 

 

国試勉強ノートを作るための

たった一つの大事なコツは

 

 

★きれいにまとめようと思わない

 

 

 

例えば、

分野ごとにまとめる

とか

見出しをつけるとか

 

 

そんなことをする必要はありません

 

 

 

問題集のページと問題番号がわかればよいのです

 

 

 

 

STEP3:解説と教科書でキーワードをチェック(最重要)

ここが最も重要な部分です

 

 

知識の定着に繋がる作業なので

 

 

これを怠らないようにします

 

 

では、具体的な方法について説明していきます

 

 

 

 

ここでいうキーワードとは

 

知らない用語

説明できない用語

 

だと思ってもらえばOKです!

 

★キーワードは必ずノートにメモします

 

 

国試勉強を始めた頃は

問題文にもわからない用語があるはずです

 

答え意外の選択肢でも

わからない用語があれば必ずメモです

 

 

 

問題集にはある程度、解説がついているはずなので

まずは解説を読みましょう

 

 

解説にもキーワードがあればメモです

 

 

 

 

これでノートには

キーワード=

  • 知らない用語
  • 説明できない用語

 

が溜まっているはずですね

 

 

STEP3の最重要作業は

 

★キーワードを教科書や資料で調べる

 

 

これが知識の定着に必須の作業です

  

 

 

 

 

 

次の項では

キーワードの調べ方について解説します

 

  

 

 

 

 

★キーワードは基本的に教科書の索引で調べる

付箋とメモ

キーワードは教科書の一番後ろにある

索引で調べましょう

 

 

 

このあとが更に大事です

 

 

キーワードの解説をしている文章を読んで

★教科書に蛍光ペンで線を引く

 

 

 

ノートにメモしたキーワードには

教P○○(ページ数)

 

と書いておくと後から確認しやすいでしょう

 

 

教科書に載っていないワードはとりあえず保留です

 

 

 

国家試験の問題は教科書をベースに作られるはずです

 

最優先すべきは教科書の索引にある用語です

 

 

 

この方法で問題を解いていると

 

教科書のすでに線を引いたページを

何度か目にすることがあるはずです

 

 

その部分は重要度が高いということがわかりますね

 

 

この作業を

  

本格的な国試勉強が始まる

  

初冬(11月~12月)までに

 

どれだけ積み重ねられるか

 

 

 

 

これが国試攻略の鍵になってきます

 

 

 

2020年度、序盤は自宅での勉強をする機会が多くなるはずです

 

 

勉強のやり方がわからない人は 

 

 

ぜひ、この方法を試してみてください

 

 

 

 

まとめ

STEP1:国試の過去問を解く

好きな分野からやれば良い

★何問解くかを決めてから勉強を開始する

 

 

STEP2:間違った問題をノートにメモ

★ページ・問題番号・選択肢だけでも書き写しましょう

★きれいにまとめようと思わない

 

 

STEP3:解説と教科書でキーワードをチェック

キーワード=知らない用語 or 説明できない用語

★キーワードは必ずノートにメモ

解説にもキーワードがあればメモ

★キーワードを教科書索引で調べる

★教科書に蛍光ペンで線を引く

 

 

 

以上、確実に知識を定着させる

国試勉強の3STEP でした!

 

 

 

夏休み前から国試勉強に取り掛かっている時点で

あなたは合格への一歩を踏み出していますよ

 

 

絶対合格めざして頑張りましょう!

 

 

ノートのまとめ方はこちらでも詳しく解説しています

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました