【これだけ覚える】国試に出る貧血の知識まとめ【大球性、正球性、小球性】

血液基礎

国試で問われる貧血の問題について解説していきます!

大球性貧血、正球性貧血、小球性貧血の意味がよくわからない人におすすめの記事です

スポンサーリンク

貧血の定義・○球性とは

貧血の定義はヘモグロビンの低下

 貧血の定義

ヘモグロビン量(=血色素)の低下した状態

 

 

基準値は覚えてしまいましょう!

 

男性:13 g/dL未満

女性:12 g/dL未満

 

このように女性の方が低いというのも特徴です

ヘモグロビンが1ケタの場合はかなり貧血が重いと思ってもらえればOK

 

貧血が起きると

赤血球の形が不揃いになり

大きくなったり、小さくなったり、薄くなったり

といった症状が起きてきます

 

 

それぞれ貧血の原因によって

赤血球の形が変わってきます

これが〇〇球性とよばれるもので以下で解説していきます!

  

 

 

 

 

大球性はビタミンB12の欠乏!(悪性貧血)

大球性とは大型の赤血球が出現してくる貧血

 

若い赤血球も巨大なものができてしまうため

巨赤芽球性貧血とも呼ばれます

 

大球性はビタミンB12や葉酸の欠乏

代表疾患は:悪性貧血です

 

 

 

 

小球性は鉄欠乏!

最も患者数が多く、特に女性に多いのがこれ

鉄欠乏性貧血 

まさに鉄の不足からくる貧血

赤血球が小型になってしまいます

  

 

鉄欠乏性貧血に見られる主症状は

  • 匙状爪(スプーン爪)
  • 動悸・めまい

 

鉄剤の摂取が主な治療法です

 

 

 

 

正球性は溶血と骨髄疾患!

正球性は赤血球の大きさは正常で

貧血が起きるパターン

 

ヘモグロビンは足りているけれど

赤血球が壊れるなどしてたりなくなる貧血です

 

すなわち

  • 溶血性貧血
  • 骨髄疾患による貧血(再生不良性貧血)

 

ということになります

 

 

 

  

 

 

 

末梢血に大型の赤血球が出現するのはどれか【PT】

  1. 再生不良性貧血
  2. 消化管出血
  3. 鉄欠乏性貧血
  4. 葉酸欠乏性貧血(悪性貧血)
  5. 溶血性貧血

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  1. 再生不良性貧血→再生不良、骨髄疾患→正球性
  2. 消化管出血→下で解説します
  3. 鉄欠乏性貧血→鉄が足りないのは小球性貧血
  4. 葉酸欠乏性貧血(悪性貧血)悪性貧血は巨赤芽球!→大球性
  5. 溶血性貧血→血が壊れるのは正球性

 

 

・消化管出血による貧血

消化管や、月経によって

多くの出血があると

体内の鉄が、外に流れ出てしまうので

鉄欠乏性貧血となります

つまり、小球性貧血ですね

 

 

 

 

 

 

 

貧血で正しいのはどれか【Ns】

1. 溶血性貧血では直接ビリルビンが増加する。
2. 鉄欠乏性貧血では血清フェリチンが増加する。
3. 悪性貧血では通常赤血球以外の血球系は保たれ

4. 再生不良性貧血では易感染性がみられる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1. 溶血性貧血では直接間接ビリルビンが増加する。

溶血性貧血で増加するのは間接ビリルビンです!

直接ビリルビンと間接ビリルビンについて

詳しい解説はこちら!

 

2. 鉄欠乏性貧血では血清フェリチンが増加する。低下

鉄に関する2つの重要なタンパク質を覚えておきましょう

  • フェリチン = 貯蔵鉄
  • トランスフェリン = 輸送鉄

それぞれ日本語で表すと、その役割は明白です

 

鉄が欠乏すると、貯蔵鉄であるフェリチンも減少していきます

  

 


3. 悪性貧血では通常赤血球以外の血球系は保たれる。

悪性貧血は巨赤芽球性貧血で、ビタミンB12と葉酸の欠乏

一見、赤血球の異常だけに見えますが

ビタミンB12と葉酸は、体中の細胞のDNAの合成に必要なビタミンで

不足すると白血球や血小板など他の血球系にも影響を及ぼします

 

このように、血球系全体が減少してしまうことを

汎血球減少といいます

  

 

4.再生不良性貧血では易感染性がみられる。

再生不良性貧血は、骨髄で細胞がうまく作れなくなる病気です

再生不良性貧血でも汎血球減少が見られます

 

易感染性とは、感染し易い状態=免疫能の低下 といえます

汎血球減少により免疫系細胞も減少するため

この選択肢は正しいと言えます

 

 

 

 

最低限覚えよう!貧血のまとめ

  • ヘモグロビンの基準値は男13、女12 (g/dL)

 

 

大球性貧血

  • 大球性は巨赤芽球貧血
  • 代表疾患は悪性貧血!→ビタミンB12・葉酸欠乏

 

小球性貧血

  • 小球性は鉄欠乏性貧血!
  • 出血で血が失われることでも鉄欠乏になる
  • 貯蔵鉄フェリチンも減少
  • 爪の形にも影響(匙状爪)
  • ヘモグロビンが足りないので心臓に負担=動悸がする

 

 

正球性貧血

  • ヘモグロビンが足りていても、血球が壊れて貧血になる
  • 溶血性貧血
  • 骨髄性疾患で汎血球減少を起こすことにもよる=再生不良性

 

 

 

 

以上、貧血についてのまとめでした!

 

 

 

↓ビタミン欠乏症についてのまとめはこんな記事もあります

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました