【第67回臨床検査技師国家試験】AM11~15の問題をわかりやすく解説

MT国家試験

医療系国家試験の解説サイト

国試かけこみ寺です!

令和3年2月17日(水)に実施された

臨床検査技師国家試験問題について

一部の分野をわかりやすく解説していきます!

問題(+別冊)と解答は厚生労働省のHPで公開されています

※以下の問題の出典は全て、厚生労働省のホームページ(https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/topics/tp210416-07.html)で公開している問題を引用しています。

問題に対する解説は国試かけこみ寺のオリジナルとなります。

スポンサーリンク

MT67-AM11 一次救命処置に含まれないのはどれか。

1.意識確認
2.気道確保
3.人工呼吸
4.静脈路確保
5.AED の使用

 

一次救命処置と二次救命処置を見分ける方法は簡単です!

一次救命:一般人でもできる

二次救命:専門資格を持つ人ができる

このように覚えましょう

4.静脈路確保が正解となります

静脈路の確保とは、血管に針やカテーテルを入れる行為にあたりますので、一般人にはできません

 

 

MT67-AM12 ヒトパピローマウイルスによって引き起こされるのはどれか。

1.乳 癌
2.卵巣癌
3.子宮筋腫
4.子宮頸癌
5.子宮体癌

正解は4.子宮頸癌です

他に、癌との関係が示されている菌とウイルスを以下に示します(参考:国立がん研究センターより引用)

  • ヘリコバクター・ピロリ: 胃癌
  • B型・C型肝炎ウイルス:肝癌
  • EBウイルス:悪性リンパ腫(バーキットリンパ腫、ホジキンリンパ腫)他に癌ではないが、伝染性単核球症
  • HTLV-1:成人T細胞白血病

 

MT67-AM13 間質性肺炎の血清マーカーはどれか。2つ選べ。

1.CYFRA
2.KL-6
3.ProGRP
4.SLX
5.SP-D

疾患・腫瘍マーカーは覚えるしかない…というのが現状です

ちなみにこれらは全て肺に関与するマーカーです

間質性肺炎はKL-6とSP-Dがあります

ちなみに、間質性肺炎は拘束性肺疾患の代表です

CYFRAは肺扁平上皮癌

ProGRPは肺小細胞癌

SLXは肺腺癌(他に膵臓や卵巣癌)

 

こういったマーカーなどは問題で出るたびに、ノートなどにメモすることをおすすめします

繰り返し問題を解くことで、いつも出てくる選択肢は自然と覚えられるようになります

↓肺疾患についての関連記事です!

MT67-AM14 心不全の重症度評価に用いられるのはどれか。

1.AST
2.BNP
3.CK
4.LD
5.トロポニン

こちらも疾患マーカーの問題ですね

心不全と言えば2.BNPです

他は心筋梗塞で上昇が見られるものです

↓心筋梗塞についてはこちらで詳細に解説しています!

 

スポンサーリンク

MT67-AM15 慢性閉塞性肺疾患(COPD)で増加するのはどれか。

1.残気量
2.肺活量
3.1秒率
4.1秒量
5.肺拡散能

この問題で大事な考え方というのは、肺の疾患で増加するという部分です

肺疾患で肺機能が低下するということですから、

肺活量や、肺拡散能など基本的な肺機能が低下するのは当然です

1秒率、1秒量は、1秒間で吐き出せる空気の量です

低下もしくは変化がないにしても、増加することはありません

 

 

肺機能の低下によって、増加するのは肺に残る空気、すなわち残気量や機能的残気量ということになります

 

↓1秒率や1秒量、2種類の肺疾患の分類についてこちらで詳しく解説しています

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました