【第55回理学療法士国家試験】PM62, 65, 69の問題をわかりやすく解説

PT国試解説

医療系国家試験の解説サイト

国試かけこみ寺です!

 

令和2年2月23日(日)に実施されたPT国試の

基礎医学系の問題について解説していきます!

 

問題(+別冊)と解答は厚生労働省のHPで公開されています

 

※以下の問題の出典は全て、厚生労働省のホームページ(https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/topics/tp200414-08_09.html)で公開している問題を引用しています。

問題に対する解説は国試かけこみ寺のオリジナルとなります。

 

 

スポンサーリンク

PT55-PM62:神経筋接合部における神経伝達物質はどれか。

1.ノルアドレナリン

2.アセチルコリン

3.アドレナリン

4.セロトニン

5.ドパミン

 

 

神経伝達物質について整理していきましょう!

 

筋接合部の重要な神経伝達物質

アセチルコリンです

 

そして神経にあるアセチルコリン受容体に対する自己抗体

ができる病気が、重症筋無力症です

※受容体とは、ある物質が結合する部位のこと

 

他に、アセチルコリンは副交感神経の伝達物質でもあります

 

それに対して、交感神経の伝達物質はノルアドレナリンです

 

アドレナリン・ノルアドレナリン・ドーパミン

副腎髄質ホルモンで、まとめカテコラミンと呼ばれます

 

 

セロトニンは幸せホルモンとも呼ばれ、主に腸から分泌されるホルモンです

分泌のバランスが精神疾患にも関係するといわれています

 

↓以下の記事で詳細を解説しています

 



 

PT55-PM65:心室収縮期に生じているのはどれか。2つ選べ

1.三尖弁開放

2.僧帽弁閉鎖

3.大動脈弁閉鎖

4.肺動脈圧低下

5.肺動脈弁開放

 

まずは心臓の構造をしっかり確認です

一般財団法人 北海道心臓協会より画像引用

  

赤枠で囲ってあるのが心臓の重要な4つの弁です

問題は、「心室収縮期」に生じているのはどれか

画像を見ながら、心室が収縮するとどう動くのかを考えましょう

まずわかりやすいのは

大動脈弁の開放ですね、心室が収縮→大動脈に血液を送る

大動脈弁が開かなければいけませんね

同様に、逆流を防がなければいけないので

僧帽弁は閉鎖

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: heartsinzou.png
一般財団法人 北海道心臓協会より画像引用

では(心臓の)右側はどうなるのか

左心室から血液が送り出されるので、また補充をしなくてはいけません

そのために、右室から肺に血液を送ることも同時進行します

つまり、肺動脈弁の開放ですね

この時、また逆流を防がなければいけないので

三尖弁は閉鎖します

 

これが心臓が収縮する時の基本的な動きになります

心臓の問題は自分で簡単な絵を書いて考えてみると

落ち着いて考えることができ、おすすめです!

 

ちなみに拡張時の動きも以下にまとめておきます

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: heartsinzou.png
一般財団法人 北海道心臓協会より画像引用

心室拡張期=心室に血液を溜める

心室に送り込むため、僧帽弁開放

漏れないように、大動脈弁閉鎖

右側も同様に、三尖弁開放、肺動脈弁閉鎖

 

 

PT55-PM69:嫌気的代謝の過程で生成される物質はどれか

1.アミノ酸

2.クエン酸

3.フマル酸

4.ピルビン酸

5.イソクエン酸

 

嫌気的代謝というのは、

いわゆる解糖系のことです

解糖系は簡単に説明すると、

グルコースをピルビン酸に変換する代謝

(ということで答えは4です)

その後、

酸素があれば、好気呼吸が進行しクエン酸回路が働く

酸素がなければ、ピルビン酸が乳酸に変化する

 

↓エネルギー代謝については以下でも詳しく解説しています

 

国試勉強の参考になれば幸いです!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました