【第66回臨床検査技師国家試験】PM41, 42, 43, 44の問題をわかりやすく解説

MT国家試験

医療系国家試験の解説サイト

国試かけこみ寺です!

令和2年2月19日(水)に実施された

臨床検査技師国家試験問題について

一部の分野をわかりやすく解説していきます!

問題(+別冊)と解答は厚生労働省のHPで公開されています

※以下の問題の出典は全て、厚生労働省のホームページ(https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/topics/tp200414-07.html)で公開している問題を引用しています。

問題に対する解説は国試かけこみ寺のオリジナルとなります。

 

 

スポンサーリンク

MT66-PM41 分子中に窒素を3つ有するのはどれか。

1.尿 酸
2.尿 素
3.アンモニア
4.ビリルビン
5.クレアチニン

 

窒素の数を問う問題ですが、

分子式・構造を覚えていなければどうしようもない問題です

このような問題は時に諦めも必要です

正解は5. クレアチニンがNを3つ持っています

 

選択肢の中で、分子式を確実に覚えるべきなのは

尿素CO(NH2)2

アンモニアNH3

この2つは覚えておくべきかと思います

 

この2つは、BUN(尿素窒素)、ウレアーゼ

などを理解するために必要となってきます

 

MT66-PM42 ビタミンの欠乏と疾患の組合せで正しいのはどれか。

1.ビタミン A ーくる病
2.ビタミン B1 ー悪性貧血
3.ビタミン B12 ー Wernicke 脳症
4.ビタミン D ー 夜盲症
5.ビタミン K ー新生児メレナ

 

選択肢を正しく直すと以下のとおりです 

1.ビタミン A ー夜盲症
2.ビタミン B1 ーWernicke 脳症
3.ビタミン B12 ー 悪性貧血
4.ビタミン D ー くる病
5.ビタミン K ー新生児メレナ

 

ビタミンとその欠乏症は狙われやすいので

必ず覚えるようにしましょう

 

↓ ビタミンの欠乏症はこちらの記事にまとまっています!

 

MT66-PM43 細菌感染による敗血症で上昇しないのはどれか。

1.CRP
2.プレセプシン
3.エンドトキシン
4.プロカルシトニン
5.(1→3)β-D-グルカン

 

キーワードは細菌感染 です

 

敗血症の検査項目を知らなくても

この中で明らかに、細菌との関連が薄いもの

 

5.(1→3)β-D-グルカン です

これは真菌(カンジダやアスペルギルスなど)の

細胞壁に特徴的な多糖類です

そのため、細菌感染と言われた場合には該当しないのです

 

他選択肢も見ていきます

 

1.CRP

言わずと知れた炎症マーカーです

細菌感染に限らず炎症で上昇します


2.プレセプシン

敗血症は英語で sepsis(セプシス)

そこに pre(前の)という言葉がついています

敗血症の直前で上昇するタンパク質という意味ですね

 


3.エンドトキシン

エンドトキシンはグラム陰性菌の細胞壁成分です


4.プロカルシトニン

甲状腺から分泌されるホルモン:カルシトニンのプレ(前の)物質

これも敗血症で上昇する、有用なマーカーとなりますので覚えておきましょう

 

MT66-PM44 肝臓の解毒機能の評価に用いられるのはどれか。2つ選べ。

1.ICG 試験
2.血清 ALP 値
3.血中アンモニア値
4.血清コレステロール値
5.プロトロンビン時間PT

 

どの選択肢も肝臓に関連性がありますが

キーワードは 解毒 です

 

正解は1,3になります

 

1.ICG 試験

インドシアニングリーン試験といいます

ICGという色素の肝臓での排泄能力を見るテストです

異物の排泄能力はすなわち、解毒に繋がります

 

 
2.血清 ALP 値

ALP:アルカリホスファターゼは全身に存在する酵素ですが

肝臓を経て胆汁へ排泄されます

そのため、肝臓・胆道での排泄能力を測ることができます


3.血中アンモニア値

アンモニアは肝臓のオルニチン回路で処理されます

これはまさに肝臓でアンモニアを解毒するということです

 


4.血清コレステロール値
5.プロトロンビン時間PT

コレステロール、プロトロンビンは肝臓で合成されるため

肝臓の合成能力を測ることができます

 

  

今日もここまで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました