【第66回臨床検査技師国家試験】AM79, 80, 81の問題をわかりやすく解説

MT国家試験

医療系国家試験の解説サイト

国試かけこみ寺です!

令和2年2月19日(水)に実施された

の臨床検査技師国家試験問題について

一部の分野をわかりやすく解説していきます!

問題(+別冊)と解答は厚生労働省のHPで公開されています

※以下の問題の出典は全て、厚生労働省のホームページ(https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/topics/tp200414-07.html)で公開している問題を引用しています。

問題に対する解説は国試かけこみ寺のオリジナルとなります。

スポンサーリンク

MT66-AM79:血液型について正しいのはどれか。

1.ABO 血液型は 1950 年に発見された。
2.ABO 血液型抗原は蛋白抗原系である。
3.RhD 陰性の頻度は日本人では約 0.5%である。
4.Rh 血液型では Landsteiner の法則が成り立つ。
5.Rh 系抗原の中で E 抗原が最も強い免疫原性をもつ。

 

 

ABOとRh 血液型のシンプルな問題です

この2つの血液型は最もメジャーな知識なので

絶対に覚えるべきでしょう

 

ひとまずは選択肢を見ていきましょう

 

1.ABO 血液型は 1950 年に発見された。✕

ABO血液型の発見は1900年ですがこれは覚えなくてもよいでしょう

 


2.ABO 血液型抗原は蛋白抗原系である。✕

これは明らかに誤りです

ABO血液型を決定しているのは糖鎖です

ABOの違いは、糖鎖の末端についている糖の種類の違いです

A型:N-アセチルガラクトサミン

B型:ガラクトース

O型:なし

(AB型はA,B両方の糖をもつ)

これは最低限絶対に覚えるべき知識と言えます

 

 

3.RhD 陰性の頻度は日本人では約 0.5%である。○

これは正しいです(200人に1人ともいいます)

Rh血液型は、C, c, D, E, eという5つの抗原をいいます

いわゆるRh+D抗原をもっている ことを意味します

Rh-はD抗原をもっていない 、この割合が日本人では約0.5%となります

 


4.Rh 血液型では Landsteiner の法則が成り立つ。✕

Landsteiner の法則とは

A型の人は生まれつき抗B抗体を持っている

B型の人は生まれつき抗A抗体を持っている

という法則です

この生まれつき持っている抗体を自然抗体といいます

 

さて、ここではRhについてこれが成り立つかどうかということです

結論としては、成り立ちません 

Rh-(D抗原を持たない)の人は

Rh+(D抗原)の血液を仮に輸血された場合

ここで初めて抗D抗体を作るのです

 


5.Rh 系抗原の中で E 抗原が最も強い免疫原性をもつ。

Rh抗原の中で最も強いのはD抗原ですね

単純にRh±というときは、D抗原の有無を意味します

 

MT66-AM80:RhD 陰性の妊産婦への抗D免疫グロブリンの投与時期として正しいのはどれか

1.妊娠.8週
2.妊娠 16 週
3.妊娠 24 週
4.妊娠 32 週
5.分娩後 72 時間以内

 

続けてRh関連の問題ですが、

Rh- のお母さんが Rh+の子を妊娠した場合

妊娠中は基本的に問題はありませんが

出産時(流産や中絶も含む)に赤ちゃんの赤血球が

母体に流入し、母親が抗D抗体を作ることになります

 

この抗D抗体が問題となるのは2回目の妊娠時です

2人目の赤ちゃんがRh+の場合、

母親の抗D抗体が赤ちゃんに流入し、

赤ちゃんの赤血球が溶血してしまいます

 

これを防ぐために、Rh- のお母さんが Rh+の子を出産した際

抗D免疫グロブリンを投与し、

赤ちゃんのRh+の血液から流入した

抗D抗原を打ち消す必要があるわけです

 

これによって確実ではありませんが高い確率で

お母さんの抗D抗体の産生を防ぐことができるのです

 

ということで

RhD 陰性の妊産婦への抗D免疫グロブリンの投与は

分娩後が正解となります

(近年は妊娠28週前後と、分娩後の2度の投与が推奨されています

※28週から検査や処置で胎児から母親への赤血球流入はありえるため)

 

 

MT66-AM81 血液型検査の結果を以下に示す。最も考えられるのはどれか。

1.A 亜型
2.キメラ
3.後天性 B
4.A 型新生児
5.汎血球凝集反応

 

オモテ試験は患者赤血球の抗原検査

ウラ試験は患者血漿の抗体検査

これが基本事項ですね

 

問題を見てみると、

オモテ試験ではA型

ウラ試験ではA, B抗体を持っていない

つまりAB型と判定されています

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image.png

オモテ試験で抗A:4+ となっていることから

A型であることは間違いなさそうです

ということは

本来であれば抗B抗体を持っており

B血球を凝集するはずですが、結果は凝集なしです

このことから

1.A亜型

4.A型新生児

の可能性があげられます

 

1.A亜型の場合

Aの亜型とは赤血球抗原

数が極端に少ない もしくは 形が少し異なる

このような場合で、具体的にはA1, A2, A3, Ax, Am などがあります

(Bの亜型もほぼ同じようなものと考えてOKです)

 

ポイントは抗原が通常と異なるため、

抗A血清との反応が本来と異なるということです

今回は、抗A血清で4+としっかり凝集していることから

A型赤血球の抗原には問題なさそうです

 

一方でウラの結果ですが、Aの亜型だったとしても

Bの抗体は自然抗体としてもっているはずですので

ウラ検査のB血球が0、というのは考えにくいです

つまり、亜型の可能性は低そう、となります

 

4.A型新生児

新生児の血液型で考えるポイントは2つ

  • 血球の抗原が(亜型でなくとも)弱い場合がある
  • 抗体を作る力が非常に弱い

 

このことから、オモテ検査で凝集が弱くなる

ということは普通にありえます(今回は違いますが)

 

抗体を作る力が弱い、というのはほとんどの新生児に起こりうることで

ウラ検査で反応するほどの抗体をもっておらず

今回のような結果になることは起こりえます

 

このことから今回の答えは4となります

 

ちなみに他の選択肢も解説すると

 

2.キメラ

血液型のキメラとはどういう状態かというと

体内の赤血球のうち、例えば

20%がO型赤血球、80%がA型赤血球

このように混ざった状態です(あくまで一例です)

これは双子などでまれに起こりうるようです

 


3.後天性B

これは特に骨髄移植

移植された造血幹細胞がドナーの血液型の赤血球を作ることで起こり得ます

 


5.汎血球凝集反応

汎血球凝集とは細菌の酵素や血液疾患等により

通常は潜在化(隠れている)抗原が出現し凝集を起こすことです

今回のオモテウラ検査よりも

輸血における交差適合試験などで触れられる話となります

 

 

今回は血液型メインの話となりました

血液型の話は身近で

興味深く感じられることも多いのではないでしょうか

 

おもしろい!と思えたなら、勢いで教科書を読んだり

問題を解いてみたり、興味のあるうちに覚えてしまうと

勉強の効率もよくなりますよ!

 

今日はここまで。

見て頂きありがとうございます!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました